たつた皮フ科クリニック

053-414-1112

休診日 木曜・土曜午後・日曜・祝日

皮膚科・小児皮膚科のご案内 アトピー性皮膚炎

Hand eczema

アトピー性皮膚炎とはどんな病気?

乳幼児期に発症することが多く、かゆみの強い皮疹ができ、良くなったり悪化したりを繰り返すことが多い病気です。
特徴的な皮疹と分布(前額、眼囲、口囲・口唇、腋窩、耳介周囲、上腕屈側部、陰部、下肢屈側部、四肢関節部、尻下)が見られます。
皮疹は強いかゆみを伴い、全身のどこにでもできますが、外的要因(よだれ、食物など)が加わる部位には早くまたは強く現れます。
また皮疹は左右対称にできることが多いです。

アトピー性皮膚炎の原因って?

皮膚のバリア機能低下とアレルギー反応を起こしやすい体質(アトピー素因)を原因とすることが大半です。
アトピー性皮膚炎の患者さんは、皮膚のバリア機能を保つために重要な水分が失われやすく(ドライスキン)バリア機能が低下していることがわかっています。
そのため、健康な肌であれば反応しない外部からの刺激や、アレルゲンに対しても皮膚の内側が過剰反応を起こし、皮疹やかゆみなどの症状が現れるのです。

  皮膚のバリア機能に重要な蛋白:フィラグリン

最近の研究から、アトピー性皮膚炎患者さんの約2~3割で「フィラグリン」というバリア形成に重要なタンパクの遺伝子に変異が認められることがわかり、皮膚のバリア機能異常の原因の1つとして注目を集めています。

主な血液検査項目

  • IgE(免疫グロブリンE):アレルギー反応に関係する抗体で、アトピー性皮膚炎患者さんの多くが高い数値を示す。たまごやダニなど特定のアレルゲンに対する特異的IgEとIgE全体の量を表す総IgEがある。
  • 好酸球:炎症やアレルギー反応が起きると高い数値を示す白血球の一種で、アトピー患者さんの多くが高い数値を示す。
  • TARC:炎症に関するたんぱく質で重症度や病勢との相関が知られている。
  • LDH:組織の損傷に関係する酵素で、重症度や病勢との相関がある。

治 療

最も大切なことは保湿により皮膚のバリア機能をこれ以上低下させないことと、外用薬で炎症とかゆみ抑制を行うことです。
かゆみが収まらない場合は抗ヒスタミン薬を補助的に使用します。
薬物療法、スキンケア、悪化因子への対策が3本柱です。

塗り薬を使って行う治療を外用療法といいます。

保湿外用薬

バリア機能を回復し、かゆみを抑えます。
入浴後5分以内に保湿をしましょう。
症状が改善した後も保湿を続けることが大切です。

ステロイド外用薬

必要な量を必要な期間きちんと塗ることが必要です。

外用免疫抑制剤

ステロイドと違うメカニズムで炎症を抑える塗り薬です。
特にステロイド外用薬の副作用が現れやすい顔や首などの皮疹に使われます。

プロアクティブ療法

ステロイドや外用免疫抑制剤の使い方には症状が出た時だけ使うリアクティブ療法と症状がなくなった後も週2回程度継続的に使うプロアクティブ療法があります。
アトピー性皮膚炎は、皮膚の表面はきれいに見えても、皮膚の内部に炎症が残っていることもあります。
良くなったり悪くなったりを繰り返す湿疹に関してはプロアクティブ療法でしっかりと治療を続けることが大切です。

飲み薬や注射、紫外線を使って行う治療を全身療法といいます。

経口免疫抑制剤

経口ステロイド

生物学的製剤

光線療法

医療機器を使って紫外線を当て、皮膚の炎症を改善する方法です。

これらを組み合わせて根気よく治療を行うことが大切です。