皮膚科・小児皮膚科皮膚科・小児皮膚科

皮膚科(保険診療)皮膚科(保険診療)

皮膚科疾患の多くのものは、内面から出てくるものと考えています。

生まれつきの体質や胃腸の虚弱が見られる、遺伝的素因としての過敏症などの内面的な要因だけでなく、
生活上の不摂生、飲食の不摂生、ストレス、過労などが関与しています。

そのような考えから、いろいろな方向からお話を聞き、治療方針を決め、
内因的な部分を漢方薬、栄養指導、内科的な治療を取り入れ治療していきます。

皮膚科で扱う疾患

アトピー性皮膚炎 接触皮膚炎 乾燥性湿疹
慢性湿疹 異汗性湿疹 脂漏性皮膚炎
手湿疹などの湿疹 じんましん クインケ浮腫
ざ瘡(にきび) 足白癬(水虫) 爪白癬
癜風 カンジダ症 マラセチア
尋常性疣贅(いぼ) 伝染性軟属腫(みずいぼ) 単純ヘルペス
帯状疱疹 水痘 薬疹
酒さ様皮膚炎 掌蹠膿疱症 乾癬
扁平苔癬 毛孔性苔癬 ジベルバラ色粃糠疹
鶏眼(うおのめ) 胼胝(たこ) 円形脱毛症
丹毒 蜂窩織炎(ほうかしきえん) 伝染性膿痂疹(とびひ)
熱傷(やけど) 褥瘡(とこずれ) 日焼け
あたまじらみ 性感染症 切り傷・擦り傷
白斑 花粉症 母斑(ほくろ)
その他皮膚疾患    

小手術

ほくろや皮膚の小腫瘍をなるべく術後の傷が目立ちにくい方法で手術します。

漢方治療

漢方医学とは、生体に備わった生理作用を利用した自然治療力を最大限に生かす自然な治療法です。
漢方薬は、天然の生薬から構成され、、その多くは野山に生える草根木皮や、果実、種子を修治(炙る、皮を去る、節を去る)して使用します。また動物や鉱物も使用します。

人体は、五臓(肝・心・脾・肺・腎)が五行(木・火・土・金・水)の性質を有しながら、気血水の流れによってバランスがくずれないように活動していれば、健康な状態でいられます。気血水は五臓により調節されているので、その滞りは、五臓の働きのバランスがくずれた状態であります。

五臓の異常の状態は、表面の皮膚に現れることがしばしばあり、皮膚の表面には経脈が 走り、絡脈を通して内臓に関連します。「皮膚は内臓の鏡」と言われるように、内臓に不調があると、関連する経脈に気滞が起こり、皮表に発疹ができたり、内臓を炎症から守るために代償性に皮膚炎が生じたりすると考えます。

皮膚疾患に関して、特に慢性に経過したものでは、五行(五臓)の変化と気血水のめぐりの異常が見られるので、薬物で経絡に流れる気血を整え、五臓六腑を整えて病気を治すことが必要になります。

五臓の図

五臓の図
  • 母子関係(守りあう関係)―相生
  • 主従関係(力関係)―相剋
相生 互いの機能を助け合う作用で、木を焼けば火を生じ、火となって燃えた後には灰となって土に還り、土の中から金属が採れ、金属は熱にあうと溶けて液体に(水)になる。木に水をやれば生育するという考え方。
相剋 互いに抑制しあう作用で、火に水をかければ火が消え、金属を熱くすれば溶けて形がなくなる。水は金属の斧で切り倒される。木が大きく成長すると土の養分がなくなる。土を高く積めば水をせき止められるという考え方。

紫外線治療(保険診療)

数センチ四方のアタッチメントから高密度の紫外線が照射されますので、乾癬、白斑、アトピー性皮膚炎などの皮膚病に効果があります。
治療に必要な波長だけを使っているため、短時間の照射で済み、副作用も少なくて済みます。

  • 保険証をお忘れなくお持ちください。
ターゲット照射型ナローバンドUVB治療機

ターゲット照射型ナローバンドUVB治療機

レーザー照射治療
(保険診療)

Qスイッチルビーレーザーは、極力、 熱緩和時間を短く抑え、この短い時間に適切なエネルギーを照射することで レーザー光は真皮部分まで到達し、正常組織へのダメージを抑えながら有効な治療を行うことができます。

当クリニックでは『太田母斑』『異所性蒙古斑』『外傷性異物沈着症』『扁平母斑』が保険適用です。

Qスイッチルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザー

VビームⅡ
(色素レーザー)
(保険診療)

最新式のVビームⅡ(色素レーザー)を厚生省薬事承認取得後、静岡県内第1号として導入しました。従来機のVビームよりも大口径で且つ高出力でのレーザー照射が可能となりました。10mmスポットでは(10J/cm2)、12mmスポットでは(7J/cm2)での照射が可能となったほか、サブパルスが最高8つの構成になり、より紫斑が生じにくい安全な治療が可能となりました。レーザー照射と同時に冷却噴射を行い、痛みの軽減とレーザー効果の増強を行います。

生まれつきの赤アザを単純性血管腫、生後数日してから増殖してくる赤アザを苺状血管腫といいます。こうした血管腫の治療としてVビームⅡレーザー治療が保険で認められています。また、毛細血管拡張、赤ら顔に対してもVビームⅡレーザー治療が保険で認められています。

当クリニックでは、『単純性血管腫( ポートワイン血管腫、赤アザ、苺状血管腫)』『毛細血管拡張症(赤ら顔)』が保険適用です。

詳しく見る

VビームⅡ(色素レーザー)

小児皮膚科(保険診療)小児皮膚科(保険診療)

お子様のお肌はとても敏感で、小児特有のトラブルを生じます。

小さなトラブルでも急激に悪化することがあるので、何かお気づきになられましたら、お早目にご相談ください。

よく起こる病気

おむつかぶれ あせも 乳児湿疹
小児アトピー性皮膚炎 乳児脂漏性皮膚炎 小児乾燥性湿疹
とびひ ニキビ じんましん
熱傷(やけど) しもやけ 切り傷・擦り傷
尋常性疣贅(いぼ) 伝染性軟属腫(みずいぼ) 母斑(ほくろ)
ウイルス性発疹症(突然性発疹・はしか・風疹・水ぼうそう・リンゴ病・手足口病)など

当クリニックには、お子様連れの患者様が気兼ねなく安心してご来院いただけるようにキッズルーム・女性トイレにはベビーシートを設けております。

初めての方でも安心して、お気軽にご相談ください。

キッズルームキッズルーム

キッズルーム

女性トイレ・ベビーシート女性トイレ・ベビーシート

女性トイレ・ベビーシート

PAGE TOP